小林よしのり

    1: 47の素敵な(【緊急地震:神奈川県東部M3.8最大震度3】)@\(^o^)/ (ワッチョイ) 2015/06/30(火) 06:06:53.39 ID:DFu7SqIu0.net
    ソースはブブカ

    ――ただ、そのスピーチが予想以上に長引いてしまいまして……。
    小林 そうだったね! もうさ、制限時間を決めて、時間が来たらチーンって鳴らしたほうがいいよ。
    そうしないと酷すぎるよ。横山由依とかさ。これから総監督になるっていうのに……もうね、辞退してほしい!

    HDIzo2H


    【小林よしのり「横山は総監督を辞退しろ!」】の続きを読む

    1: 名無しさん@実況は禁止です@\(^o^)/ 2014/12/01(月) 12:14:35.96 ID:7riEiR7w0.net
    2014.12.01(月)
    みるきーと指原は苦手
    http://yoshinori-kobayashi.com/6299/

    NHK・MJのみるきー(渡辺美優紀)ソロを見たが、
    ピンクのミニスカートが映えていて、
    衣装がMステーションの時よりいい。

    昭和のぶりっ子アイドルを彷彿とさせる楽曲だが、
    歌唱の幼さが浅田美代子みたいで、
    声質からいくと松本伊代を思い出させるが、
    これでもかと男を釣る迫力はそれ以上だから、
    おじさんも若者もみるきーのパフォーマンスには
    イチコロだろう。

    みるきーソロデビューのプロデュースは
    見事に成功している。

    じゃんけん大会にみるきーが優勝したのも奇跡だが、
    優勝のご褒美がソロデビューだったというのも
    成功の要因だし、スキャンダルからの
    みるきーの気迫の巻き返しで、新たなオーラを
    まとってきたようだ。

    週刊文春がわしをダシにしてスキャンダル報道を
    したときは、まだ知名度が大したことなかったが、
    今はあの時より存在感が大きくなっている。

    恐るべき女だ。
    毒婦タイプである。

    指原も毒婦タイプで苦手だが、みるきーも
    わしの苦手タイプになってしまった。

    今年もAKBグループの紅白をやるそうで、
    また審査員の依頼が来たが、今年はすんなり
    受けることにした。

    だが、みるきーと指原には会いたくない。
    逃げ回ろうと思っている。

    声をかけられたら、どう反応していいのか
    わからないのが、みるきーと指原だ。

    まゆゆ(渡辺麻友)とみおりん(市川美織)には
    会いたいが、大人の男を騙す毒婦タイプの
    みるきーと指原は苦手だ。

    審査員はいいが、どこかで遭遇しそうで怖いんだ。
    運営の方々はその辺の配慮をよろしくお願いします。

    no title


    【【速報】AKB48G紅白開催決定(ソースはよしりん)】の続きを読む

    1: 名無しさん@実況は禁止です@\(^o^)/ 2014/11/16(日) 17:08:48.51 ID:BZHPFdOw0.net
    わしをAKB48に繋いでいる重要な番組が
    「AKB48 SHOW!」だ。

    山田菜々と山本彩の「友達」が最高に良かった。

    山田菜々の声は本当に可愛いし、さや姉の声は
    カッコイイ。気に入ったので保存版にした。

    スマホを使った「金のオノ」のコントで、
    多田愛佳と木本花音の二人が出ていたのも
    嬉しかった。

    この二人、選抜に入ってても全然おかしくない
    ビジュアルだと思う。

    渡辺麻友(まゆゆ)が復活したそうで目出度い。

    新CMのESPONのまゆゆが美しくて、
    いよいよアイドルとしての全盛期に突入かと思わせる。

    島崎遥香(ぱるる)もビジュアルが上昇中だが、
    小嶋陽菜(こじはる)卒業後はまゆゆ・ぱるるが、
    AKBのビジュアルを支えていくことになるのだろう。

    橋本環奈は確かに可愛いが、インパクトは
    まゆゆの顔の方があるし、歌声の魅力もあるから大丈夫。

    まだ恐れることはない。

    no title

    【小林よしのり「宮脇咲良の胸が大きくなりすぎていて、すごく悲しい気持ちになった。」】の続きを読む

    1: 名無しさん@実況は禁止です@\(^o^)/ 2014/09/02(火) 12:41:27.53 ID:1dFIr4dJ0.net
    AKB渡辺麻友はまだ「モスラの幼虫」だ!
    http://yoshinori-kobayashi.com/5657/

    まゆゆ(渡辺麻友)センターのAKB48
    『心のプラカード』が初週でミリオンを超えたそうだ。

    おめでとうというよりも、安堵したと言った方がいい。

    握手会を狙う狂気の事件のあと、
    握手会も厳重警戒体制となり、
    巨大なヲタ人数を持つ大島優子が卒業し、
    そしてあの『恋チュン』の二番煎じみたいな新曲だ。

    今度こそミリオン割れすると思っていた。

    ミリオンが至上命題となってること自体が異常で、
    そんな馬鹿な重荷をメンバーの誰にも
    背負わせてはいけないのだ。

    だがミリオン割れすると、アンチAKBの奴らや、
    アンチまゆゆの奴らが、ここぞと叩くに決まっている。
    それが心配でわしはヲタ復帰してしまった。


    AKBもそろそろ退潮期かと言う者もいるが、
    結局は楽曲次第、『恋チュン』みたいに
    一発名曲が出たら、また大注目になるのだ。

    現在の日本の音楽シーンで、誰にも親しまれる
    名曲が生まれる確率は、未だにAKBが一番大きい。

    新曲に期待を抱かせる歌手・ミュージシャンは
    なかなかいない。

    それだけAKBには作曲家が揃っていて、
    秋元康の企画力と作詞の発想が凄いのだろう。

    ひょっとすると秋元氏は盆踊りソングを
    定番化しようとしているのかもしれないから、
    『心のプラカード』は秋祭りに向けて、もっと仕掛けて、
    もっと大きく育てなければならない。
    だから今言うべきか迷うが、わしの理想から言えば、
    まゆゆの曲はあれではない。

    no title


    【小林よしのり「ミリオン割れするとアンチが騒ぐ」】の続きを読む

    このページのトップヘ